FAQよくある質問

導入について

茶宴はどのようなシステムですか
当社で独自開発した製茶業界向けに特化した業務管理ソフトです。お茶の仕入から在庫管理、合組・包装といった製造、製品の卸販売等に対応しております。
システムを独自にカスタマイズすることは可能ですか
可能です。機能や印刷物などをお客様に合わせてカスタマイズいたします。また、倉庫管理システムやEDI等とのデータ連携に対応させることも可能です。
クラウドシステムですか
クラウドシステムではありません。Windowsアプリケーションです。
デモンストレーションを見たり、体験版を利用することは可能ですか
可能です。お気軽にお問い合わせください。
導入するにはどうしたらよいですか
まずはご連絡ください。お客様の業務状況のヒアリングやデモンストレーションご体験後、お見積を提示させていただきます。

課題と解決方法

お茶の仕入での粉引や振興費などの計算が面倒
仕入業務なら、仕入先・茶期・単価に応じて自動で仕入金額の計算をおこなうことができます。
昨年度の仕入数量や金額と比較したい
仕入業務なら、仕入先別の昨年対比や価格帯別の昨年対比をおこなうことができます。
資材の発注点の管理を行いたい
仕入業務と合組在庫業務の連携により、設定した発注点を下回った資材を集計でき発注することができます。また、発注点を下回っている資材を使用しようとすると色を変えてお知らせします。
表計算ソフトでお茶の在庫管理を行っていて検索などが大変
合組在庫業務でお茶の在庫管理をおこなえば、お茶の分類や茶期、保管場所等による検索ができ、そのお茶の入出庫の履歴を見ることもできるようになります。
特定の日の在庫の一覧を確認したい
合組在庫業務なら、指定した日付の在庫一覧を出力することができます。
過去の製造の仕様を探して指示書を作るのが大変
合組在庫業務なら、過去の製造・加工記録をコピーして指示書を作ることができます。また、包装作業では、製造予定の包装品を選択すると前回のデータが表示され、入力した製造予定数量に応じて自動的に原料の投入数量が計算されるため、指示書を作る手間を大きく減らすことができます。
原料の茶葉に問題が発覚したので、それを使用している商品や販売先を調べる必要がある
合組在庫業務なら、原料茶がどのような使われ方をしたかをトレースすることができます。また、卸し業務を合わせて導入している場合は販売先まで追跡することができます。
預り商品の管理をしたい
合組在庫業務なら、既存の在庫を預りに振り替えて別在庫として管理することができます。また、卸し業務上でも預り商品の登録や残数の確認をおこなうことができます。
新茶前に予約販売を行いたい
卸し業務なら、予約販売の入力も可能です。出荷日が決まり納品書を発行することで売上が計上されます。
売れ筋商品を把握したい
卸し業務なら、月別の売れ筋商品や得意先別の売れ筋商品を集計することができます。